スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食の安全

みなさんこんにちは。
すっかり初夏になり、緑もまぶしく、汗ばむほどの陽気
になってきましたね。
五月病などに振り回されず元気にお過ごしでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はちまたに蔓延する遺伝子組み換え食品のお話です。

去る2015年の11月にアメリカの食品医薬品局(FDA)で世界で
初めて遺伝子を組み替えた動物が食品として認可されました。

その動物は私たち日本人の食卓にも非常に馴染み深いサケです。

米国で食用として用いられるタイセイヨウサケに成長の早いキング
サーモンの遺伝子を組み込んだそのサケは成長の速度が普通のタイ
セイヨウサケより倍ほど早く、栄養成分も自然界に存在する同じ
大きさのものと変わらないとのこと。

一部では体の各所を切り貼りされて作られた怪物になぞらえて
「フランケンフィッシュ」とも呼ばれています。

今回の認可にあたってFDAでは自然界のサケと生物学的になんら
違いはないと認可し、遺伝子組み換えの表示義務は必要ないとの
決断をくだしました。要するにお店に並んでいてもどういう経緯で
産まれてきたサケか消費者は一切わからないということですね。

以前より遺伝子組み換え作物として害虫に強いトウモロコシや大豆
などが作られており、それらを直接食材とする場合は組み換え作物
である旨を表示する義務がありますが、”家畜などの飼料”または
”組み換えられた遺伝子やそれが作ったたんぱく質が残っていない
場合”は表示義務がないため醤油やサラダ油やマヨネーズ、食肉など
の形でそうとは知らずに我々の食卓にすでに相当数が上っている
と思われます。

遺伝子組み換えという技術を用いることによって、成長が早く
なったり、害虫に強くなったりといろいろと利点が大きく取沙汰
されますが、まだまだ未知のことがらも多くその影響も完全には
把握できていない状態です。例え影響があったとしても世代を
重ね長い期間を経ることによって現れてくることも考えうります。

私たちも消費者としてその研究の推移をしっかりと注視して見守
る必要があるでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<旬の食材をうまく取り入れて食養生!!>

旬の食べものはそれぞれの時期にあった栄養などの効用があるので、
ぜひとも積極的に食べていただきたいもの。

この時期は「アスパラガス」

グリーンやホワイト(最近では紫色をしたものも出てきています)、
の違いは栽培法が違うだけで、ホワイトは遮光シートなどを用いて、
日光にさらされないように育てられたものになります。

陽光を受けて青々と育ったグリーンの方が栄養価は高いですが、
個人的には独特の甘みを持つホワイトの方が私は好みです。

アスパラガスに含まれる「アスパラギン酸」というアミノ酸は
新陳代謝を促し疲労回復に効果があります。また穂先に
含まれる「ルチン」には毛細血管を強くし高血圧を予防する
作用があります。

みなさんも旬を意識しておいしく楽しい健康な毎日を!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オススメの旬の食材や食べ方などありましたらぜひお聞かせください。
またはお身体に関するご質問など、どんどんお気軽にメール
してくださいね。


きりん堂鍼灸治療院
http://kirindoh-harikyu.holy.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kirindoh

Author:kirindoh
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。