スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい仲間

こんにちは。暑い毎日が続きますね。
先日、神戸空港の近くにある人口浜にチビを連れて遊びに行ってきました。

そこの磯にはエビや小魚、カニなどの小動物が見受けられ、中にはカゴや虫取り網まで持参で夢中に捕まえている親子の方もいらっしゃいました。
砂浜での砂遊びを想定して遊びに来てた我々は着替えも用意してなかったのに、チビは生き物捕りに夢中になるあまり足を滑らせてしまいすっかりずぶ濡れになってしまいました、、、

幸いにも駐車場の脇に水洗い場があったので身体や手足を洗い流すことはできましたが、着替えのないチビは散々遊んだあとですっぽんぽんで車に乗り込んで帰ることとなりました。

その時の戦利品として我が家にはヤドカリが2匹新しく仲間に加わりました!

ヤドカリ

でもそれからがまた大変。
飼い方としてなんとなくペットショップなどで見かける砂利の上を歩き回るオカヤドカリをイメージしてた私は、家にある小さなプラスチック製の虫かごに大小の小石を敷き詰めて陸地を作って、浅く水を張って、エサはチクワやキュウリなど、といった感じでいいかなと安直に思っていました。
しかし、ネットでよくよく調べてみると、今回捕まえてきたのは基本的に水の中で暮らす種類のもので飼うには海水が必要ということ。

だけどチビに「生命のなんたるか」を教えるためにもここで安直な環境を作って、ヤドカリくんたちを早々に死なせてしまう訳にもいきません。
海から帰宅した時点で既に夕方になっていましたが、急いで晩御飯を済ませて近所のホームセンターに人工海水の元などを買いに走ることになりました。

水槽担当のお兄さんに尋ねると人工海水の元や水のろ過装置、海水の比重計、底砂としてのサンゴ、それからライヴロックという岩など必要な物があれやこれやと出てきます。
もろもろ合わせてしめて4000円。
気まぐれに海で捕まえてきた小さな生命を飼うためにはなかなか手痛い出費でしたが、「しっかりと環境を整えてあげれば3,4年は生きますよー!」との担当さんの言葉に背中を押され、チビのためにも泣く泣く買い揃えることになりました。

おかげさまでしっかり環境を整えられたヤドカリたちはチビに「ラブくん」「まさはるくん」(どうも土曜日のお昼にやってる番組の犬の名前らしい、、、)とそれぞれに名付けられ元気に過ごしております。
もう1,2年もすればエサやりだけでなく水槽の掃除や水替えなどの世話もチビに任せられるようになるかな??
ヤドカリさんたちにはそれまでしっかりと元気に生きていて欲しいと思います。



きりん堂鍼灸治療院
http://kirindoh-harikyu.holy.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kirindoh

Author:kirindoh
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。